ホームレシピスタッフブログ

広がるおいしさ。広がるレシピ。1日・1コチュ・レシピ!

肉 魚 野菜 米 他

キムさんの今週の“旬”ピックアップブログ

伝統茶屋に行った場面での韓国語4

韓国には、韓国伝統茶が沢山あります。お茶と言っても、その原料も茶葉だけでなく、植物の実や、花や、果実など、さまざまなんです。今月は、伝統茶屋に行った場面での例文で韓国語を勉強してみましょう♪



五味子茶は その名の通り 5つの 味が するんですって?

2013_07_23_01.gif

이름처럼は、直訳すると「名前のように」ですが、意訳して『その名の通り』としてあります。また、맛이 나다(マシ ナダ)も、直訳だと「味が出る」ですが、『味がする』とここでは訳しています。ただ、この맛이 나다は、『味がよい、おいしい』という意味で使うことが多いです。




甘味、酸味、塩辛味、苦味、辛味がするんです。

2013_07_23_02.gif

これまでにも、5つの味覚→달다(タルダ/甘い)、 시다(シダ/酸っぱい)、 짜다(チャダ/しょっぱい)、 쓰다(スダ/苦い)、 맵다(メプタ/辛い)について少しずつ勉強したことがありましたが、今回は맛(マッ/味)という名詞につなげるために連体形になっています。



体の状態によって 感じる味が 変わるんです

2013_07_23_03.gif

~에 따라서で『~に拠って』という意味になります。よく使う言い回しなので、覚えてしまいましょう。달라지다(タルラジダ)は『変わる、違ってくる』という意味です


不思議ですね~!

2013_07_23_04.gif

신기は漢字で「神奇」、신기하다で『不思議だ』という形容詞となります。甘味は脾臓、酸味は肝臓、苦味は心臓、辛味は肺(気管支など)、塩辛味は腎臓と関連があるとされていて、どの味を感じるかで弱ってる部分を知ったりできるそうなのです。不思議ですねー♪

  • レジピ

MOBILE SITE

スーパーでも コチュレシピ検索

MAIL MAGAZINE

メルマガ会員募集