ホームレシピスタッフブログ

広がるおいしさ。広がるレシピ。1日・1コチュ・レシピ!

肉 魚 野菜 米 他

キムさんの今週の“旬”ピックアップブログ

旅行で使える韓国語2(韓国式サウナにて)

韓国独特の文化である『チムジルバン』(韓国式サウナ)。みなさんは行かれた経験はあるでしょうか?1度、経験者と共に行ってしまえば、施設の造りはどこも大体一緒なので2回目からは1人でも楽しめるはず。今日は、チムジルバンに行ったことのない日本人と、現地の友達との会話を想定して勉強していきましょう!


① まず お風呂で 洗ってから チムジルバン 行こう

2013_06_03_01.gif

~고 나서(~コ ナソ)は、『~してから』という意味で、先行動作が終わったあとの流れで次の後行動作に続く時に使う文法です。チムジルバン施設に行ったら、まずは大浴場で体を洗い、それから受付で渡された찜질복(チムジルボック)を着て、男女共用の乾式サウナフロアへと向かうのが一般的です。お風呂は、女湯が여탕(ヨタン)、男湯が남탕(ナムタン)と書いてありますので、そこだけはお間違いなく(笑)。


② 垢すり お願いする?

2013_06_03_02.gif

チムジルバンに行ったら垢すりをする人が多いですよね。テは『垢』、韓国語で『垢すり』の事を、テミリといいます。テミリアジュンマと言われる、下着だけを身に着けた垢すりのプロのおばちゃんが、ゴシゴシやってくれますよ~。場所によって値段は違いますが、大体1万ウォン~2万ウォンが相場です。


③ うん。予約しなくちゃね

2013_06_03_03.gif

『予約』は、예약(イェヤッ)です。漢字語ですから、音が何となく近いですよね。
『~しなければならない』という、아/어形+야 하다 もしくは아/어形+야 되다という義務の文法はご存知の方も多いと思います。そこに、推量や婉曲の意味を持つ겠を合わせた感じの、아/어形+야 겠다(ヤ ゲッタ)という形になると、義務感が多少弱まり、『~しないとな』という独り言のようなニュアンスになります。最後の네は、これまでにも何度か勉強した、『~だねェ』という語尾です。テミリは、受付で予約するか、もしくは浴場のテミリアジュンマに直接予約しにいきます。代金もその場で支払う場合が多いです。混んでいなければすぐやってもらえますが、順番を待つ場合は、番号を呼ばれたら垢すり台に行くことになります。



④ 私は 自分で (垢すり)やるわ

2013_06_03_04.gif

밀다は『押す』という意味のほかに、『(垢を)こする』という意味もあります。最後のケは、意志を表すケなので、この文章を直訳すると『私は私がこするわ』です。つまり、お金を払っておばちゃんに垢すりをしてもらうのではなく、自分でやる、という意味です。垢すり用の手袋やタオルを持ち込み、自分でゴシゴシやっている人も沢山います。

  • レジピ

MOBILE SITE

スーパーでも コチュレシピ検索

MAIL MAGAZINE

メルマガ会員募集