2012年11月アーカイブ

韓国語講座:キムチに関する韓国語2

アニョハセヨ!ソヨンです。
本日はキムチに関する韓国語の第2回。
ソヨンの大好きなカクテキが会話に登場します♪


①ほかにはどんなキムチがありますか?

blog_nov05.gif

エヌンの部分は、助詞を二つ続けて使っています。
ちょうど日本語でも「~には」となるのと同じです。
イウェが漢字で「以外」なので、イウェエヌンで
「それ以外には」→『ほかには』となるのです。
オットンは、『どんな』という意味なので、
「どんな食べ物が好きですか?」のように使うことができます


②カクトゥギ知ってますか?

blog_nov06.gif

『知ってますか?』は、アラヨ?です。
覚えやすい響きなのでそのまま使ってみてください。
語尾の疑問形のイントネーションを通常に戻し、
アラヨと言えば『知ってます』という平叙文になります。
カクトゥギは、よくカクテギという言い方もしますね。
何のことかわからない方は、以下を読み進めて下さい♪


③何で(何から)作ったキムチですか?

blog_nov07.gif

무엇(ムオッ)は『何』という疑問詞、
로(ロ)は、材料や原料を表す『で』『から』にあたる助詞です。
「紙で作った箱」「牛乳からチーズを作る」
といった時の『で』『から』です。
直前の単語にパッチムがある場合は으로(ウロ)になります。


④大根です

blog_nov08.gif

 『大根』は一文字で、ムといいます。
③の例文で、「何で作ったキムチか?」と聞かれたので、
『大根でです』と材料を答えるために、로(ロ)を使っています。
というわけで、カクトゥギは、大根のキムチの事でした。
よくサイコロ状で出てきますよね。
大根系キムチは60種類以上あると言われています。


November 27.2012 Staff Blog | Permalink

韓国語講座:キムチに関する韓国語

アンニョンハセヨ♪ソヨンです^^
韓国といえばキムチ!ソヨンはキムチが大好きです。
今月の韓国語講座は、そんなキムチに関する韓国語です。


***********************************

1、キムチの種類はどれくらいありますか?

blog_nov01.gif


オルマナは、『どれくらい』『いくらぐらい』という意味の副詞で、
時間、量、値段などに使えます。
「日本に来てどれくらい経ちましたか?」
「料金はいくらぐらいかかりますか?」といった具合です。
『種類』という意味の종류という単語は、
文字をそのまま発音するとチョンリュとなりますが、
発音の変化によってチョンニュとなるので、注意してください。


2、200種類以上あるみたいです。

blog_nov02.gif


『以上』という意味のイサンは、上記のような使い方のほか
「以上のように...」「仕事を引き受けた以上は責任を持ちなさい」
「話は終わりです。以上!」のように、日本語と同じように使えます。
韓国には、白菜系、大根系、きゅうり系、
ねぎ等のその他野菜系、海藻類系、魚介系など、
合わせて200種類以上ものキムチがあります。
一言でキムチといっても、種類豊富なんですね!


3、そんなに たくさん あるんですか?

blog_nov03.gif

있어요?(イッソヨ?) と있는거예요?(インヌンゴエヨ?)の
違いですが、意味としてはほとんど変わりません。
ただ、前者だと単純に『ありますか?』なのに対して、
後者は『あるんですか?』というニュアンスで訳され、
口語でよく使われる語尾表現となります。


4、一番有名なのは白菜キムチですね

blog_nov04.gif

チェイルは、漢字で「第一」と書き、『一番』という意味で使います。
通常、キムチといえば白菜キムチを指しますが、
似た単語に가장カジャン)があります。『最も』という意味です。

その白菜キムチも漬け方や材料によって25種類位に分類されるそうです。

November 22.2012 Staff Blog | Permalink

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • レジピ

MOBILE SITE

スーパーでも コチュレシピ検索

MAIL MAGAZINE

メルマガ会員募集